実銃射撃

空はこんなに青いのに…

投稿日:2014年3月9日 更新日:

ぼくのクルマは動かない。
土日と、石巻の宮城県ライフル射撃場にて開催されていた全日本選手権に参加してきました。ここんとこ調子も良かったのでファイナル出場……は無理でもそれを夢見れるくらいの点数が撃てればと目論んでいたんですが、それどころの騒ぎじゃないトラブルに見舞われました。

いろんな人の助けを借りて、なんとか射座に立って最初から最後まで撃つことはできましたが……。点数的には後ろから数えたほうが速いくらいでした。

夕方くらいに現地に付いて、銃器検査などの手続きと、あとすこし前日練習をしておこうと思い石巻に向かう途中の土曜日の午後2:00頃。あとすこしで石巻というところまできた高速道路の路上にて。クルマも多く、大体70km/hくらいと高速道路にしては遅めのペースではあるが渋滞というほどではない感じの流れ。前にも後ろにもずらーっとクルマが連なってる状態で、前のクルマの下から突然、茶色い物体が現れます。車間距離が詰まっていたこともあってそれが何なのか確認することもできず、かろうじてタイヤで踏みつけることはせずに左右のタイヤの間で「またぐ」形になったところ、車体の下で「ガコッ」という突き上げるような大きな衝撃が!

直後からクルマの下でシャカシャカシャカ……と音がなり始め、挙動がおかしくなり、なんかガソリンっぽい匂いまで漂ってきて、こりゃいかんとゼブラゾーンにクルマを寄せてハザードを出して止まったところ、プスンとエンジンが止まります。クルマを降りて下を覗きこむと、パイプやらなんやらがいろいろとぶら下がっていて、さらに物凄い勢いでガソリンが吹き出しています! ヤバイこりゃ逃げないとと、三角表示板を出してからすぐにクルマから離れて撮ったのが上の写真です。

原因はこいつ。トラックの荷台で荷物を止めるのにつかうラチェット付きの締め付けレバーですね。高速道路上なのですぐに110番して、すぐにやってきた道路管理者の方が拾ったものだそうです。前を走ってた他のクルマはみんな無事にこの上を通り過ぎたわけですが、私のクルマだけがダメージをくらってしまったというわけです。

こんなん、どうしようもないよ……。
故障車を地元の修理工場までレッカーする料金、当日の移動のためのタクシー代とレンタカー代、そして亀有まで帰ってくるのに使った電車賃は保険から出ます。まだいくらになるかわからなくてビクビクしてるのが修理代ですね……。車両保険みたいな贅沢オプションは付けてなかったので。

上写真のブツを落としたヤツが名乗りでてくれれば損害賠償もできるんですが、こういうのは十中八九申し出なんかないそうなので、確実に泣き寝入りになっちゃうでしょう。とほほ。まあ、事故の原因も自分の不注意だとか無謀運転だとかじゃなく、「こりゃどうしようもないよ、こんなことが起こるなんて想定しろってほうが無理だよ」という類のものなんで、まだ諦めがつきます。というか諦めないとどうしようもないですね。

「なにか悪いことしたわけでもないのに、なんで俺だけ」とかグチグチ言ってたら、ちょうど3年になりますが、地震と津波で何もかも失って、今でも元通りにはならないものの、前を向いて頑張ってる石巻の人たちに申し訳が立ちません。このくらいのこと、「誰かにケガをさせてしまったり、誰かの何かを傷つけてしまったり、あと自分がケガをしたりしたわけでもなく、壊れたのは自分のクルマだけで、よかったよかった!」って前向きに捉えられるくらいの人間にならなきゃ!

-実銃射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.