ノーベルアームズ COMBAT T1詳細レポート


エアガン用として販売されている小型ドットサイトの中でも特に「オススメ製品」として名前が出ることが多いのが、ノーベルアームズのT1だ。形状としてはAimpointのMicro T1をモチーフとしているが、完全コピーというわけではなく細かい部分には違いがある。

手のひらにすっぽり収まってしまうほど小さいのに、覗いてみるとしっかりと明るくて、鋭く小さいドットが正確にターゲットの上に張り付いている。小型ドットサイトにありがちな、ドットがレンズの中心から外れたときの歪みや乱反射みたいなものも、ほぼゼロ。それでいて値段も十分にお小遣いの範囲内で買えるとなれば、売れないはずはない。すっかり今ではサバイバルゲーム会での定番サイトの一つになっている。

過去に何度か雑誌などでレポートを掲載したことがあるので今更感もあるが、新色であるダークアースブラウンの追加や、ハイマウントの仕様変更などがあったので、ここで改めて詳細レポート――ネット上だと「製品レビュー」っていい方の方が一般的らしいが――を書いてみたい。

いつの間にかバージョンアップしていたT1。新色として「ダークアースブラウン」のものが追加になった際に、ハイマウントが前後シースルーの穴が開いたタイプになり、またレンズのコーティングもちょっとだけ変わっていた。ダークアースブラウンがシースルータイプのマウントで、ブラックがソリッドなマウントという住み分けなのかと思いきや、今度はいつの間にかブラックの方もシースルーになっていた。

ノーベルアームズに問い合わせたところ、特にメーカーとして積極的に仕様の変更を行ったわけではなく、製造している中国の工場が「勝手に」仕様変更したものだという。メーカーの指示関係なしに工場が勝手に仕様を変更してしまうとかそんなんアリなのかと思ったが、実際のところ中国工場ってのはそういうのがあんまり珍しくないらしい。今回のように特に悪くはない方向の変更ならともかく、部品だとか仕上げだとかが「いつの間にか、質の悪い安価なもの」に変更されていたりしたら洒落にならないので、これでなかなか気を使う必要があるのだとか。

とにもかくにも、現在新規で販売されているT1は、ブラック・ダークアースブラウンともにシースルータイプのハイマウントが付属するということだ。

製品名:COMBAT AIM T1
価格:17,500円(税抜き)
倍率:1倍
レンズ径:22mm
全長:68mm
重量:177g(ハイマウント使用時)


製品名:COMBAT T1 (Dark Earth Brown)
価格:17,500円(税抜き)
倍率:1倍
レンズ径:22mm
全長:68mm
重量:177g(ハイマウント使用時)




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

6 Responses to ノーベルアームズ COMBAT T1詳細レポート

  1. 匿名

    ノーベルアームズ製品のQDレバー調整ナットについている接着剤は工具で軽い力で回すことで簡単に除去、調整可能に出来るはずですが、新型T1ではレンチで回せないほど強力な薬剤に切り替わったのでしょうか?

  2. 池上ヒロシ

    コメントありがとうございます。

    昔のやつはたしかナットを回せたよなーと記憶にひっかかってはいたんですが、新しいヤツはもうそりゃガッチガチに固めてあって、壊すくらいの気持ちを持たないと回せそうになかったんでこういう表現になりました。

    あとでその部分の新旧対比も写真取って追加でUPしますね。

    QDマウントのレバーをオープン・ポジションにしたまま、このナットを閉めこんでレールに固定しようとする人が続出したんでこういう対処になったんじゃないかと思うんですがどうでしょう? 実際にそうやってレールに固定しようとする人をこれまで何度か目の前で見たことがあります。

  3. 匿名

    なるほど。迅速なコメント有難うございます。

    レバー固定の誤った操作はコスト削減とはいえ、説明書を付属しないメーカー側にも責任がありますね。それをまさかの機能オミットに出るとは……

    ノーベル製品は物が良いだけにもう少しユーザーサポートに気を使って欲しい所ですね。

  4. 池上ヒロシ

    説明書が不親切だったり付属しなかったりというのは、ノーベルさんに限らずスコープやドットサイト類だと多いですよね。

    メーカーとしてもそこはなんとかしなきゃと思ってくれたようで、ノーベルアームズ製品には、しばらくするとすべてのドットサイト類にわかりやすい説明書が付くようになります。そのお仕事の関係で発売前の新製品レビューなんかをUPできたというのが真相だったりします。

    「ここって、そういうふうに使うものだったのかーっ!」とか思ってもらえるような説明書目指して頑張ってますので、しばしお待ちを……。

  5. 池上ヒロシ

    レバー固定の調整ナットについて追記です。試しに8mmのメガネレンチで軽くトルクをかけてみたら、ものすごくあっさりペリペリペリッって接着剤が剥がれてナットが回りました! 本文の方も後で訂正・追記を行います。

    あらためて、ご指摘ありがとうございました。

  6. 匿名

    新バージョンの劣化ぶりがひどすぎる
    普通なら全品リコールものなのにそもまま売ってしまう神経を疑う。他の中華T1の倍出し買う価値ありますか?

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

リンク

カテゴリー