ノーベルアームズ 3Xマグニファイア詳細リポート


ノーベルアームズから、新型のマグニファイアが発売される。従来製品とは異なり、ドットやレティクルイメージの表示位置の調節機能、プッシュボタン式のマウントロック機能、ライザープレートの着脱による高さ調節、締め付け強さを微調整できるQDマウントなど、数多くの点でバージョンアップしたハイグレードモデルだ。

発売は「数ヶ月中」とのことだが、3月になるか、4月になるかはまだ未定。この新製品のテストサンプルをお借りすることができたので、詳細レポートをお届けしよう。

製品名:3X TACTICAL MAGNIFIER
価格:24,800円(マウント込み・税抜き)
倍率:3倍(固定)
レンズ径:28mm
チューブ径:30mm
全長:99mm
重量:346g
アイリリーフ:70mm

ドットサイトの後ろに直列に並べるように取り付けて、ドットサイトを通して見える映像を拡大する照準機器が「マグニファイア」。マウントに工夫があって、簡単に取り外したり、横にスイングして「どける」ことができるようになっていたりするのが特徴。近距離用にドットサイト、遠距離狙撃用にはスコープ的な使い方ができるということで、「遠距離近距離どちらでも使える万能サイト」みたいなものがこれ一つ、正確にはドットサイトとの組み合わせで実現できるというわけだ。

こういう「万能ツール」みたいな響きってのは中二病マインドにはとっても強く働きかけるものがあり、サバイバルゲーマーにとっては超人気アイテムの一つとなっている。エイムポイントとかEoTechといった「ホンモノ」の物凄い高価なものから、そのコピー品まで、たくさんのアイテムが出回り、愛用されている。

けど、実際に使い物になるのか?

実のところ、安価に出回っているコピー品のほとんどは、まるで使い物にならない。特に、組み合わせるドットサイトが低品質なものだったりすると、もう致命的だ。実際に覗いてみれば分かるのだけれど、マグニファイアはスコープとは違い、「ドットサイトを通して見える映像を拡大する」ものでしかないわけで、等倍のドットサイトだからなんとかガマンできていたドットの歪みやニジミまでも律儀に拡大されてしまう。レンズを何枚も通すから一枚一枚のレンズの品質の悪さが蓄積されてしまい、「ぼやっとした拡大映像の中に、どこを狙っていいのかわからない赤い光が輝いている」みたいな状態になってしまう。

実物同士の組み合わせなら、そりゃもう文句なしに「クリアな映像の中に、針で突いたみたいな鋭くて小さい点が明るく光り輝く」という、ほぼ理想の形でのサイトビューが得られるのだけれど、それを手にしようとすればとんでもない費用が――コピー品と比べたら軽く10倍以上――かかってしまう。普通の「トイガン好き」にはとてもじゃないが手が出ないシロモノだ。

品質もしっかりしていて値段も手頃な光学照準器といえば、ノーベルアームズだ。ノーブランドのコピー品よりは値段は高くなるが、実物を購入することを考えればずっとリーズナブルな値段で、光学機器としての品質は十分に「ホンモノ」と比較できるレベルまで確保されたアイテムが手に入る。形状やロゴマークなどは実物の「完全コピー」ではなく若干のオリジナル要素が入っていることから、コスプレアイテム的な用途で照準器をエアガンに載せようとするユーザーからはそっぽを向かれてしまいがちだが、実際に「狙って、撃って、当てる」ための道具として光学照準器を使おうとするユーザーにとっては、もっとも評価が高いメーカーの一つといっていいだろう。

従来品の3X MAGNIFIER(※写真はノーベルアームズ公式サイトより)。価格は本体が12,800円で、専用のフリップtoサイドマウントが5,800円。

こちらが、新発売となるハイグレードタイプの3X TACTICAL MAGNIFIER。写真を見ての通り、EoTechの「G33」の形をモチーフとしている。完全コピーではなく細かい部分にけっこうな差があるが、機能ではほぼ完璧にホンモノを再現しているところが、他の「形だけ真似してるけれど各種ダイヤルは飾りで機能しないのが当たり前」な安価なコピー 品と大きく異なるところ。

まずは、読者の皆さんが一番気になるであろう「覗いた時にどう見えるか」というところから。同じノーベルアームズ製のT1サイト(これも従来製品とは異なりマイナーチェンジして新型になっている。詳しくはまたいずれ)との組み合わせだ。

場所は、赤羽フロンティアシューティングレンジ。距離は10mで、ピンポイントシューティング用のブルズアイターゲットを狙っている。T1だけで狙っている時(左)と、マグニファイアを起こして3倍に拡大した時(右)とを比較しても、ドットはほぼ完璧にまんまるのままで、見える像の明るさや鮮明さにも変化がない。十万円超のハイエンドモデルと比較しても遜色がない。

ただし、T1との組み合わせには若干の注意が必要だ。このマグニファイアはEoTeckのサイト(具体的にはホロサイト)に合わせた寸法になっている。ホロサイトはT1を始めとしたエイムポイント系のドットサイトよりもレンズ中心位置が約4mmほど高い。そのため、T1との組み合わせでは軸のズレが生じてしまう。マグニファイアのマウントには7mmのスペーサーがあり、その着脱によって高さ調整ができるが、わずか4mm程度の調節というのは無理だ。

※製品名に「TACTICAL」が入っていなかったので修正しました。あとスペル間違いもこっそり修正。(2014.04.17)




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

1 Response to ノーベルアームズ 3Xマグニファイア詳細リポート

  1. 匿名

    先日購入しましたが、長めのアイリリーフ、操作のしやすい調整ダイヤル、負担にならない重量と、3X MAGNIFIERと比べて大きな進化を感じられる製品ですね。
    所で、手元にあった同社製Flip to side Mount Highに試しにマウントしてみた所、ピッタリでした。
    個人的な意見として、サバイバルゲーム用途ではT1やコンバットM4等のダットサイトに組み合わせるにはFlip to side Mount Highの方が、レンズの軸に合いますし(頬付け高さが変わるのはちょっと気になるので)、手前に引いて倒したい方向に押し込んでスイングと、操作しやすいためお勧めです。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)。正常に書き込めていてもエラーメッセージが表示されることがありますので、再投稿の前にご確認お願いします。

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

カテゴリー