マルイのエアコキハンドガンを塗装する


今回はちょっといつもと趣向を変えて、エアガンのカスタム記事をお届けする。といっても飛距離や命中精度をアップさせたり、高価なスコープやライト類を装着したりするのではなく、スプレーを使ってエアガンを塗装するだけの超簡単記事だ。それも、最低限の分解、最低限の下地処理で済ませ、「とにかく簡単に見栄えだけをノーマルと変える」ということを主目的としたもの。つまり、「だれでもできるお手軽エアガン塗装」というわけだ。

買ったばかりのエアガンの箱を開けてから、実際に作業を終えるまで1時間足らず。それこそ、小学生や中学生でも簡単にできるカスタムというのをコンセプトに、難しい行程は全部省略してしまった。それでも、左写真程度にはそこそこ見栄えがするカスタムになってくれるものだ。

※この塗装したグロック17Lは、12月15日に赤羽フロンティアにて開催される「ガスブロ限定ひたすらブルズアイ」の賞品とします。賞品はくじ引きにより分配となりますのでスコアに関係なく誰でもゲットのチャンスはあります! ぜひみなさんお気軽にご参加下さい!

誰でも何丁かは買ったはずの大ベストセラー

「日本国内で、もっとも多く売れているエアガン」といったら、間違いなく東京マルイのエアーコッキングハンドガンシリーズだろう。少し前のデータだが、業界紙によると年間あたりで20万丁も売れているのだとか。エアガン専門店だけでなく、小さな模型店やドンキホーテのような安売り雑貨店であっても、他のエアガンは全く置いてなくてもマルイのエアコキハンドガンならいくつかは置いてあったりする。

売れている理由は単純明快。安い割に性能がべらぼうに良いからだ。価格はグレードや発売時期、HOPの有無によって変わるが1900円から高いものでも3500円。一番最初のモデルであるルガーP08(現在は廃盤)が発売されたのが1985年、それから30年以上にわたり細かい部分がいろいろと改良され少しずつグレードアップしながら、多数のモデルが発売されている。

10才以上用の製品が比較的充実しているのも特徴だ。現時点で24種類。多くの都道府県が、一般的なエアガンを「有害玩具」として「子供に売ったり見せたり持たせたり使わせたりしてはならないモノ」と定めてしまっているが、それには該当しないように威力を弱めにしたものがいわゆる「10才以上用エアガン」である。東京マルイの10才以上用エアーコッキングハンドガンは、基本的には18才位上用と外見はほぼ同じで(厳密に見比べると表面仕上げなど若干の違いはあるが)、威力だけを下げているもの。「子供向け玩具」ではなく、「子供でも扱える大人と同じエアガン」という扱いだと考えるといいだろう。

今回、塗装のベースとするのは東京マルイ製のエアーコッキングハンドガン、「グロック17L 【ハイグレード・ホップアップ】・10才以上用・メーカー希望小売価格:2,500円(税抜)」。このシリーズの中では最長クラスのロングバレルを備えており、命中精度が高めのエアコキハンドガンという定評がある。全長244mm、装弾数は24発だ。提供:大友商会
今回使うスプレー塗料は、「BLPモバイルペイント製・カモフラージュスプレーペイント(取り扱い:大友商会・価格:各2,000円)」。実銃の塗装用にも使われている、ものすごく耐久性が高くて隠蔽力(下地の色を隠す能力)が高いスプレーだ。色はブラウン・タン・ブラック・グレー・アースグリーンの5色があり、組み合わせでほぼありとあらゆる迷彩塗装が可能だが、今回はタンの一色だけを使う。提供:大友商会
スプレー塗料以外に使う道具。マスキングテープ、デザインナイフ、ドライバー、割り箸(片方だけ)。

※大友商会は問屋ですので、一般の方への小売販売はしていません。商品の問い合わせは、お近くの小売店までお願いします。エアガン関連の問屋としては最大手の一つですので、「エアガンを取り扱っているショップ」なら大友商会さんと付き合いが全くないってことはまず無いと思います。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

Comments are closed.


 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント

リンク

カテゴリー