実銃射撃

整体に行ってみた

投稿日:2013年9月28日 更新日:

先日、2日連続で大会参加した後から右肩がどうも重い。筋肉痛みたいなもんだろうと思ってたんだけれど、1週間経っても痛みは引かないばかりか、動かすとゴリゴリ言うようになってきた。家での空撃ち練習で銃を上げ下げするだけでもゴリッゴリッと音が出て痛みが走るようになって、こりゃいかん病院に行ったほうがいいだろうと思い、行きつけの整体に行ってみた。

いつもは腰の痛みばっかりでお世話になってるところなのだけれど、ここしばらくは腰はずいぶんと良くなってきていたんでご無沙汰していた。症状を伝えて、とりあえずどうなっているのか様子を見ようと肩の骨の位置を確認。

「これは…左右で全然違いますねえ。いや、左右が全く同じってことはまずなくて、普通はある程度違いがあるもんですけれど、これは凄い」

とか言われちゃいました。右肩が少し上がって、腕を横に伸ばした状態に近い形で肩関節が固まりかけているとのこと。まあ、ずーっとピストル撃ちやってた成果というか結果というか。

低周波治療をやったあと、軽く整体――手を耳の横に持ってきて肘を胸につけた状態で、肘を上にクィッと引き上げたりとか――をしてもらったりして、とりあえずは腕を上げたときのゴリゴリ音や痛みは消えた。まあ、人間の身体ってのは複雑なもんだから一日・一回の整体だけで全部解決するわけもなく、何回か通ってお世話になることにはなるんだろうけれど。

-実銃射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.