ピストル射撃競技メインのサイト

あきゅらぼ Accu-Lab

トイガン射撃 製品レビュー

APS-3・インプレッション(6)

更新日:

もう一つ、不満というか不安なことがある。銃身下に伸びているシリンダーを指で軽くたたくと、音叉のように「ブーン」と振動するのだ。発射時の振動は従来のエアーコッキングに比べれば皆無に等しいが、それでもバルブを叩くことによる振動は存在する。その振動を減衰するどころか、これでは増幅させてしまい、銃身内を直進するBB弾に悪影響を及ぼすのではないか……? これはまだ確証が持てないのだが、競技銃のセオリーからすれば、「叩いたら振動が残る」ような部品が銃に取り付けられているというのはタブーであることには違いない。なんとかこの振動を無くす、あるいは押さえつけるような方法はないだろうか。もし、シリンダー部分の振動を無くすことを目的とするパーツを早々に発売するようなパーツメーカーがあったら、素直に「凄い」と思うべきだろう。

長々と書いてきたが、結論から言えばAPS-3は「買い」であると言っていい。ポンプ式(メーカー言うところのコンプレスト・エアー)の競技銃が所持許可を必要とせずに持って撃てるということ、そしてその値段が3万円かそこらという(実銃の競技ピストルに比べれば)破格値といっていい安さで手に入ることは、十分にニュースである。

APSカップ用として購入するAPSシューター以外にも、エアピストル競技の練習を自宅で行いたいという人、実銃の所持が理由があって出来ないがエアピストルには興味があるという人などにもおすすめできる。なにより、「狙って、撃って、そしたら狙ったところにちゃんと弾が当たる」という快感を、楽しさを味わって欲しい、そのための手軽な第一歩としてこの製品は大きな役割を果たすのではないか、いや果たして欲しいと願いたい。

-トイガン射撃, 製品レビュー

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.