未分類

あつらえたかのように。

投稿日:2012年9月17日 更新日:

けっこう長いこと、同じ携帯電話を使っている。とりあえず不具合があるわけでもないし、以前アナログの携帯をずーっと使ってた時みたいにキャリアから「頼むから変えてくれ、お金あげるから」とお手紙が届くわけでもないので当分はこのままでもいいかと思ってたのだけれど、かなりの大幅値引きクーポンがキャリアから届いたのと、スマートフォンに変えると家の電話とあわせて月々の割引があるということを知ったので、じゃあそろそろ観念してスマートフォンに変えてみるかと近くのauショップまで出かけてきた。

ちょうど亀有はお祭りで、そこらじゅうに神輿が出ている。なんも考えずにシャッター押したので下手くそな写真になっちゃったけれどせっかく撮ったので一枚だけ掲載。


IDO時代からほとんど使わずに延々と貯まるばかりだったポイントとクーポンを足したところ、ほぼタダ同然で今年の夏の最新モデルが購入できるということなので、じゃあとりあえずソレで、って感じであまり悩まずにそのまま買ってきてしまった。これでポイントも全部すっからかんになったし、この契約の縛りが無くなったら他のキャリアに変えちゃうかなあ。会社の人も家族もみんなdocomoに変えちゃって、自分一人だけauのまま取り残されてる状態で…。

スマートフォンってのはとにかくでかいってイメージがあったので、基本的に「外出先でいろいろ調べたりネットしたり」ってことがあまりない生活を送ってる 身としては電話としての使い勝手が悪くなるのが心配だった。たしかにでかいが、厚みがないので持った感じの持て余し感みたいなもんはあまりないのね。

ただ、今までの携帯みたいにポケットのなかに無造作にカギとかと一緒に放り込んで持ち歩くってのはちょっと躊躇する。片面が全部ガラスディスプレイだってのは、取り扱いにプレッシャーがかかるね。下手にポケットの中に突っ込んだまま座ったりしたらバキッと行っちゃいそうだ。カバンの中に入れるにしても、コレをこのまま放り込むってのはダメだろう。そういえばスマートフォン使ってる人たちってなんらかのカバーを被せてるのがお約束だったなあ。

といっても専用のカバーを数千円も出して買うというのも馬鹿らしい。ちょうどいい大きさの袋とかないかなあ、と部屋の中を見渡したところ、なんかよさそうなものを発見。早速、買ってきたばかりのスマホを入れてみたところ…

なぜにこうも、あつらえたかのようにピッタリなのだ。

あまりにちょうどいい具合にすっぽりとはまったので、「もうこれでいいかな」とも思ってしまったが、さすがにこれでOKとするのは何か負けた気がするので、ベルトポーチを自作してみることにした。ちょうどお休みだったし。同じく部屋の中に転がっていた革の切れ端を使ってレザークラフトもどきをやってみることにする。

といっても専用の道具があるわけでもなく、ちゃんとした手順で作業を進めるわけでもない。というかそもそも、レザークラフトなんてやったことがない。ハサミでテキトーに革を切って、千枚通しで目分量で穴を開けて、木綿糸を刺繍針を使って縫っていくという、かなりムチャな方法なので、仕上がりの格好良さとかはあまり気にしない方向で。

こんなんなりました。うーん、やっぱりちゃんと型紙とか作ってからちゃんとした道具を使って切り出さなかったせいなのか、歪んでるねえ(笑)。でもまあ、当たり前だけどあつらえたようにピッタリなんで自分的には許容範囲?

裏側なんかこんなんですが。というかレザークラフトの時って糸の端っこってどうやって処理するのが正しいんだろう?

-未分類

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.