トイガン射撃

第15回ピンポイントシューティング・結果

投稿日:2009年9月26日 更新日:

大型連休に続く週末、9月も末ですが非常に良い天気で夏が帰ってきたような陽気の土曜日となりました26日、第15回となるピンポイントシューティングが開催されました。

大きなマッチも終わり、これといった目立った新製品はまだ発売されていないこの時期は1年を通して見たときには少し中だるみというか、なんとなくモチベーションが上がらなくなったりすることもありますが、今回も9名(私を入れて10名)の参加をいただきました。しかも半数近くが初参加の方。ジャッジをしながらなのでなかなかお話を伺ったりする時間が無いのですが、今回初参加のマルヤマノボルさんとヨシダヒロノリさんは、これまでこういう試合などに参加したことはあまり無く、基本的には自宅でペーパーターゲットを撃ったりして楽しんでいられたとのこと。ということは今日のマッチがお座敷シューターからマッチシューターへのデビューとなったのでしょうか? だとしたらそのきっかけとなるマッチとしてピンポイントシューティングを選んでいただけたことは、とてもとても嬉しいことです。

前回に続いて参加していただけたユカワさん、1発1発を非常に丁寧に撃つ方で、姿勢もトリガーの引き方も安定感があり、撃っている姿や表情を見るだけで「この人は高得点撃つぞ」というオーラが見えます。今回もブルズアイで順調に高得点を重ねていたのですが、6発目か7発目あたりでまさかの給弾不良で空撃ち! 現在のルールでは「エアが出てしまったら、それは1発撃ったと見なす」という形でやっているので、弾が出なかった以上その1発の得点は0点となってしまいます。そのショックが響いたのか続く数発も黒円を外してしまい、しかしそれでもブルズアイの得点は85点。0点がなければ最高記録が出ていたかもしれません。

前回優勝のセキアツシさんは全般的に不調で9位。私もちょこちょこと点数をロスして8位となってしまいました。Aクラス優勝は久々に参加のヒロイシさん。過去に1度優勝していてハンデ5点がありましたが、それを込みでも2位のユカワさんに3点差でした。そしてBクラス優勝は、ブルズアイ93点、プレート40点を撃ったチバさん。積み重なったハンデを吹き飛ばす驚異のハイスコアでした。

さて次回のピンポイントシューティングですが、10月は最終土曜日が月の最終日31日に重なってしまっています。この日は新宿Target-1さんが忙しくなる時期ということもあり、最終土曜を避けてその一つ前、10月24日(土)に開催します。時間はいつもどおりです。皆様ぜひご参加ください。

-トイガン射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.