ノーベルアームズ 5Xタクティカルマグニファイア 製品レビュー


「マグニファイアは使い物にならない。ただし、ノーベルアームズのものは除く」というのが、サバイバルゲーム向けの光学サイトの比較やレビュー記事ではほとんど定番フレーズになっているといっても過言ではない。そのノーベルアームズ製タクティカルマグニファイアに、これまでの倍率3倍のものに加え、新たに5倍の新型が登場する。

※発売日を修正しました。

「遠距離でも、近距離でも、マルチに使える汎用のサバイバルゲームウェポン」という響きは、どうにも中二病マインドを刺激する魅力に溢れている。サバイバルゲームでは、同じフィールドであっても相手の顔も良く見えない遠距離から、手を伸ばせば届きそうな近距離まで様々な局面が入れ代わり立ち代わり登場するので、実際に近遠両用できるというのは求められている性能の一つでもある。

スコープの上に小さいドットサイトを乗せる「亀の子」方式、スコープとは別にドットサイトを斜め45°に傾けて設置する方式など、いろんな工夫を凝らされたエアガンをフィールドでは見かける。その中でも比較的多いやり方が、ドットサイトの手前に、ドットサイトを通して見える像を拡大する望遠鏡を直列に設置するものだ。「マグニファイア」とか「ブースター」と呼ばれることが多い。倍率が必要ないときには取り外したり、側方にスイングしたりしてドットサイトのみで運用、遠距離を索敵したり狙撃したりするときには戻すという使い方をする。

マグニファイアには欠点もある。ドットサイトを通して見える像を拡大するために、どうしても見え方がスコープに比べると精密度に欠けるものになってしまうという点が最たるものだ。もともとドットサイトのドットはスコープのレティクルに比べれば大きめな上に、レンズ性能がよほどよくなければ滲みや歪みがある程度はあるのが普通。ドットサイトをドットサイトのまま等倍で使うなら多少の滲みや歪みも許容範囲だったとしても、マグニファイアで拡大してしまうと「さすがにこれはちょっと」というレベルになってしまうことがほとんどだった。

そんな中、低価格帯(2~3万円程度で手に入るもの)ではほぼ唯一に近い「使い物になるマグニファイア」が、ノーベルアームズのT1ドットサイトと、3Xタクティカルマグニファイアの組み合わせだった。同価格帯の小型ドットサイトの中では抜きん出たクリアなドットが非常に高い評価を得ているT1ドットサイトに、光学照準器としてのレベルが高いマグニファイアの組み合わせならば、実用に十分以上に耐えるクリアな視界が得られる。

その3Xタクティカルマグニファイアに、倍率5倍の新製品が登場する。5倍となると、サバイバルゲーム用途としてはスコープでも「けっこう倍率高め」な部類に入ってくる。スコープの倍率のことを「パワー」と呼ぶ。5Xのマグニファイアというと、かなりのハイパワーということになる。
 

3Xマグニファイア(左)と5Xマグニファイア(右)との比較。3Xと違ってマウント一体型となり、全体的に少し大型になっているところが相違点だ。チューブ径などは3Xマグニファイアと同サイズ。
3Xとのスペック比較(3X/5X)
全長:109/126mm
重量:346/390g


ちなみに、この左側に写っている3Xマグニファイアは2014年に発売されたものから少し改良された新型のもの。ロックボタンの配置や、マウントレールからレンズ面までの高さなどに若干の変更がある。改良型の発売日は未定。


 
いくらT1ドットサイトのクリアなドットでも、5倍に拡大したりしてしまったら流石に歪みが気になってくるのではないだろうか……?というのが一番の心配のしどころだ。なので、まずは実際に覗いたところの写真から見てみよう。
 

まずはT1ドットサイトのみで覗いたところ。T1は発売時期によってレンズの色などに差があるが(過去記事)、この個体は少しレンズの青みが強い。


横に倒していた5Xタクティカルマグニファイアを戻して5倍に拡大したところ。カメラの設定は上の写真と全く同じだ。5倍となると流石に拡大率は大きく、木の陰とかに相手ゲーマーが隠れていてもすぐに見つけられそうな感じだ。肝心のドットの大きさだが、これなら全然許容範囲じゃないだろうか?


ドットサイトを通して見える像を拡大しているのだから、当然ドットも5倍に拡大される。「ドットは変わらず針の先で突いたかのようにシャープで小さい」とか、「全く歪みは見えない」と書いてしまうと流石に言い過ぎだが、サバイバルゲームにおいて照準に使えるかどうかという点で言うなら、「十分に使える」と書いてしまって全く問題がないだろう。経験豊富なサバイバルゲーマーなら、上の2つの画像を見るだけで「うむ、これは使える」と納得してもらえるのではないかと思う。

ただし、元のドットサイトのレンズの青みがそのまま拡大されてしまっているのはちょっと気になる。5Xタクティカルマグニファイアとの組み合わせで使うなら、できるだけレンズの青みが少ないドットサイトを選ぶべきだろう。

細かい部分を見ていこう。ノーベルアームズのマグニファイアは(デザインモチーフとなっているAimpointのものと異なり)マウントの横にあるボタンを押すことでロックを解除してスイングさせたり、元に戻したりする。ロックボタンは従来型の3Xタクティカルマグニファイアでは「手前から奥」へと押すタイプだったが、新型では「奥から手前」へ押す(引っ張る)形へと変更された。これにより、ライフルを肩付けして照準した状態から、ボタンごとライフルを自分の肩へと押し付けるようにして押すことですばやくロックの解除を行えるようになった。
 

使用状態。左上が銃口方向になる(念の為)。ロックボタンはマウントの向こう側(右側面)にある。


サイドにスイングさせたところ。ボタンを銃口方向から自分へ向けて押す形になったので、銃を構えて照準したままの状態でも操作しやすくなった。


 
マウントはもちろんQDマウント。適切に調整すれば、簡単なレバーの操作だけで一瞬でマグニファイアをマウントレールから外したり、装着したりすることができる。マウントの途中に厚さ3mmのプレートが挟み込まれており、それを脱着することで高さを2段階に調節できる。
 

3Xタクティカルマグニファイアと違い、5Xタクティカルマグニファイアではマウントと本体が一体構造になっている。


マウント下部には、厚さ3mmのプレート(ライザープレート)が挟み込まれている。マウントレール上面からレンズ中心までの距離を計測してみたところ、プレートありの状態では40mm、なしの状態では37mmだった。


なにより嬉しいのは、同じノーベルアームズ製のT1ドットサイトと並べて装着したときに、高さや前後位置がぴったりと合うようになったこと。写真ではあえて色が違うT1ドットサイトを使っているが、同じ黒色だと使用状態では一つの繋がったパーツにしか見えず、「ちょっと変わった形の大型スコープ」に見えてしまうほどだ。


ノーベルアームズ 5Xタクティカルマグニファイアは、2018年10月中旬に発売開始。価格は24,800円(税別)。新たな定番マグニファイアとなるか? それとも、「いくらなんでも5倍はハイパワーすぎる」とサバイバルゲーマーに敬遠されてしまうか? これは記事を書いてる私にも見当すらつかない。サバイバルゲームをやっている皆さんはどんな判断を下すか、興味津々で見守ることとしたい。


Amazonでノーベルアームズ製品を探す




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)。正常に書き込めていてもエラーメッセージが表示されることがありますので、再投稿の前にご確認お願いします。

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

リンク

カテゴリー