ノーベルアームズ SURE HIT 432FPS 製品レビュー


「こんな感じのショートスコープがあれば、サバゲでは物凄く使い勝手が良いだろうなあ」という要望というか妄想がそのまま形になったかのような、いろんな製品のいいとこ取りをしたスコープの新製品が発売になる。本体の頑丈さや精度、レンズの透明度の高さや歪みの少なさ、レティクルのクリアさは価格から考えられるクオリティを大幅に超えた高水準なものだ


「Aimpointっぽい形をしている小型ドットサイト」とか、「Trijiconっぽい形をしている、外部ファイバーから取り入れた光でレティクルが発行するショートスコープ」など、完全なレプリカというわけじゃないのだけれど形はよく似ている製品をいくつも出している光学照準機器メーカーがノーベルアームズだ。そんじょそこらのレプリカ品との大きな違いが、中身がしっかりしていること。ちゃんと照準機器として使える精度と耐久性を持っていることから、多くのサバイバルゲーマーから「予算にある程度余裕があるなら、まずは購入候補に入れるべき」という高い評価を得ている。日本メーカーならではの「ちゃんとした保証」がついてくることや、初めて光学サイトをエアガンに取り付けて使う人でも大丈夫な、丁寧で詳しい説明書が付属することも魅力だ。

ノーベルアームズが出しているのは「モチーフとなったデザイン」がある製品だけではない。完全オリジナルデザインのスコープやドットサイトもいくつか発売している。2015年に発売された「SURE HIT ACCURA」というドットサイトは、マウントベースから本体まで全部一体となったアルミ削り出しだったり、高機能で便利なドット調光機能(自動と手動の切り替えが可能)が付いていたりと、かなりの意欲作だった。ネットでの評価を見ると概ね高い評価を得ているようだ。まあ、鉄板の人気第一位、トップシェア爆走のT1に比べると二番手に甘んじてしまっているようだけれど……。

ドットサイト分野でのオリジナルデザイン・フラッグシップモデルを目指して作られたのがACCURAなら、おそらくはショートスコープ分野でそれを目指して作られたと思われるのが、今回紹介する新製品「SURE HIT 432 FPS(Fiber Prism Sight)」だ。まずは基本スペックを見ていこう。

 


SURE HIT 432 FPS

倍率:4倍(固定)
レンズ径:32mm
全長:141mm
重量:427g
パララックスフリー:100ヤード(91m)
アイリリーフ:40mm
作動幅:45M.O.A.
1クリックの調整幅
:10mm@100m(0.34M.O.A.)
耐衝撃:500G
防水:5m/30分
発売:2018年12月
価格:¥27,500円(税別)

まずはなんといっても、とてつもない存在感を放っているオレンジ色の細長い窓について。これは飾りではなく、外光を取り入れてレティクル(中心部分のみ)を発光させる集光ファイバーだ。製品名の「FPS」というのも「ファイバープリズムサイト」というその機能を表すものだとのこと。
 

細かくあちこち見ていくより、まずはなにより気になる「どんなふうにレティクルが光るのか?」というところから紹介しよう。発光するのは中心部分の三角、というか「上向きの矢印」みたいな形をした部分だけ。他は真っ黒なままだ。簡単に書いてるがこれってけっこう内部的には高度なことをやっているのだ。>外光を取り入れる窓は閉じて光らない状態にすることもできる。



電池もなにも使わないから、当然のことだけれどスイッチのON/OFFについて気を使う必要はない。電池切れの心配もまったくない。スコープを覗けば、いつでもレティクルの中心は赤く光っている。光らせたくないときは窓を閉じればいい。実に簡単で単純明快でわかりやすいシステムだ。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)。正常に書き込めていてもエラーメッセージが表示されることがありますので、再投稿の前にご確認お願いします。


 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

リンク

カテゴリー