「モアイレンズ」を使った射撃用フィルターを販売開始



先日、記事でちょっとだけ書いた「LED照明のギラつきを抑えるレンズ」ですが、使用してみたら確かに良い感じでしたので「あきゅらぼ通販」の商品ラインナップに追加しました。


サングラス用のレンズメーカーとして評価が高いTALEXから出ている、LEDの屋内照明によるギラつきを抑制し、ものがハッキリとよく見えるようになるという「モアイレンズ」を使った30mm径フィルターを販売開始しました。

公式サイトによる「モアイレンズ」が効く状況

  • パソコン作業やテレビを観ているときの目の疲れやダルさ
  • 蛍光灯の下で本や新聞を読んでいるときの目のチカチカ感
  • 白内障の術前術後のまぶしさ
  • テーブルや床から跳ね返ってくる白っぽい光の不快感
  • 夜間運転の対向車のヘッドライトのまぶしさ

 

公式サイトにあるみたいに「効果抜群なのがひと目で分かる」写真にはなりませんでしたが、手持ちの雑誌を使ってどんな感じに見えるのかを試してみました。
※左写真で使っているのは加工前の大きなレンズです。


「モアイレンズ」でGoogle検索してみると、なんかちょっと引くレベルで「べた褒めレビュー」がずらっと並びます。まあ、ネットに書いてあることがどれだけ信用できるかって話にも繋がってくるんで全部が全部本心からレビューしてるかどうかまでは分かりませんが、少なくても「メーカーにとっては、それだけ力を入れた製品である」ということだけは確かですね。

実際に、屋内射撃場で標的面や周囲のLED照明がギラギラと眩しく感じるのが少しだけですが抑制されます。標的白面のグレア(眩しい光が広がって黒い部分を侵食すること)が減って、標的黒点やサイトがちょっとだけ見やすくなります。眩しさが減ることで目が疲れにくくなり、試合後半でも「標的やサイトがまともに見えない」ことによる点数ダウンが生じにくくなります。ただし、直射日光が照りつける屋外射撃場などでは力不足で、強烈な眩しさだけはどうしようもありません。そういうところではもっと色の濃いサングラスが必要になってくるんじゃないかと思います。

モアイレンズにはグレー・ブラウン・パープルの3色がありますが、射撃用フィルターにもラインナップがある「パープル」を選びました。もっとも平面に近い(曲率が小さい)「4カーブ」です。キズ付き防止に加えて表面の反射と映り込みを防いで見え方の質を向上する「ハードマルチコート」が施されています。このコーティングは相当に頑丈で、「あ、やべ、キズ付けちゃった」と思うくらいのことをしてしまってもキズ一つつかずにツルッツルだったりします。

従来の「あきゅらぼ製カラーフィルター」は色付き透明アクリルを切り出しただけでしたから、透過光の調整だとかキズ防止コーティングだとかは皆無で、あくまで「こんな色・濃さだと、標的の見え方がこんなふうに変わる」ということを体感するためのお試しレベルの製品でした。それに比べると、「ちゃんとしたレンズメーカーが作った、ちゃんと屋内LED照明に対応するためのレンズ」ですから、見え方の質もレンズそのものの質も格段に高いです。

その分、お値段も高くなっていますが、そこはカンベンしてください。
 

使用方法の例です。あきゅらぼ製フィルターホルダーを使って射撃用眼鏡のレンズ枠に取り付けています。レンズは平面ではなく膨らみがありますので、眼鏡のレンズと干渉しないように表裏を上手く合わせる必要があります。アイリスシャッターとの併用も可能です。

購入は「あきゅらぼ通販」からどうぞ。

logo-clip





にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)。正常に書き込めていてもエラーメッセージが表示されることがありますので、再投稿の前にご確認お願いします。

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

リンク

カテゴリー