アジアエアガン選手権で日本の小西ゆかりがアジア新記録で優勝


asiaairgun-main-04表彰台で喜び爆発のガッツポーズを取る小西ゆかり選手。この日、和光体育館に来た人は、おそらくこの先何十年かは語り継がれる伝説となるであろうファイナルを目にすることになりました。


今月の初め(6日)から、埼玉県和光市で開催されているアジアエアガン選手権大会。広島アジア大会(1994)以来、超久しぶりに日本で開催された射撃の国際大会です。2020東京に向けての「運営面でのリハーサル大会」を兼ねてという名目こそありますが、とにかく銃に関する規制では世界に類を見ないレベルでの「面倒臭さ(厳しさではなく)」がある日本ですから、会場の用意から選手の受け入れ体制から大会中の銃器の管理から、とにかく普通の法律の運用では全く想定されていない状況がてんこ盛りになるこういったイベントを実行するのは並大抵の苦労じゃなかったと聞きます。

国際大会への出場は、ナショナルチーム(NT)メンバーだけの特権ですが、NTではない一般シューターにとっても「世界レベルの射撃を目の前で見ることができる」という千載一遇のチャンスでもあります。というわけでNTではない一般シューターである私も、ピストル射撃が行われる10日限定ではありますが観戦に出かけてきました。

この日の一大ニュースは、なんといっても冒頭に書きました小西ゆかり選手の優勝です。先立って行われた男子APファイナルでは、期待の松田知幸選手が不調で8位に終わってしまいましたが、そのションボリ感が一辺で吹っ飛ぶ物凄いファイナルとなりました。

asiaairgun-final-womenどのくらい凄かったのかってことを簡単に示すために、いつもの「10.0を基準として、それより上を撃てば上向き、下を撃てば下向きになる折れ線グラフ」でファイナルの推移を見てみましょう。あきらかに折れ線の傾きがおかしい人が2人ばかりいるのがわかります。


2016rio-10m-pistol-women-final対比用に、昨年のリオ五輪での女子APのファイナルのグラフを。ルール変更のため撃つ弾数が違うので合計得点では比較できませんが、1発ごとの折れ線グラフの傾きを見れば、どのくらい今回のファイナルが凄かったのかってことがわかると思います。


ファイナルは、まず5発×2の10発を撃って基準となる得点を決め、そこから2発ずつ撃って最下位の人から脱落していくというルールです。基準点の10発をほぼ全部ど真ん中、特に2回目の5発は中心に集まりすぎて5発の弾着が1~2発くらいにしか見えないレベルの超絶タイトグルーピングで圧倒的首位に躍り出たのがモンゴルのOTRYAD Gundegmaa選手でした。

あまりにも得点の差がありすぎたので、最初の10発の時点で多くの人が「金メダルはほぼこの人で確定で、銀・銅メダルの争いになるな」みたいなことを考えたのではないかと思います。実際、その得点差は絶望的といっていいほどのものでした。

日本の小西ゆかり選手は、最初の数発目までは下位グループに沈んでいました。しかし9点を撃っても浅いところは撃たず、10点もできるだけ深いところに入れる射撃を連続し、10発が終わった時点では3位に浮上しています。

気になったのは、他選手に比べて撃つのに明らかに長い時間をかけている点です。撃たずに構え直すのも2回ほど行っていました。基準点の2シリーズ目(6発目~10発目の5発)では、残り時間40秒になっても2発が残っている状態で、最終弾を装填して構え始めたのは残り20秒と少しになってから。ラスト1秒かそこらのほんとうのギリギリになって最終弾を発射するという、観客にとっては物凄く心臓に悪いペースでした(それでもその最終弾は10.7に入ったのですが)。

1人ずつ脱落していくステージに入ると、5発単位ではなく1発50秒という時間制限になり、「構え直し」は事実上不可能になります。そんな中、相変わらず他の全員が撃ち終わってもまだ構え続けて観客をヤキモキさせますが、それでも10点の深い部分(いわゆるX圏)を撃ち続け、トップとの点差をジリジリと縮めていきます。

一方、基準点では他選手を大きく引き離していたモンゴルのOTRYAD選手ですが、かろうじて9点には入るものの10点リングを取り囲むような弾着が続きます。そして17発目、ついに8点台を撃ってしまい、10.6を撃った小西ゆかり選手が逆転してトップに躍り出ることになります。

その後、2人とも「信じられないレベル」の高得点を連続し、差は縮まったり広がったりを繰り返しながら、前人未到のハイレベルまで駆け上がっていきます。そして最終弾。その時点で1.5点差があったので、小西としては9.5以上を撃てば(たとえ相手が10.9を撃ったとしても上回るので)優勝確定という状況でした。先に撃ったのがOTRYAD選手、プレッシャーに負けたのか明らかなミスショットで8.7。この時点で、小西は7.3以下という大ミスさえしなければOKという「楽な状態」になったわけです。ほぼ優勝確定ですが、サイトに集中している本人はおそらくそんな余計なことは考えていないでしょう。

そしてその小西の最終弾は、パーフェクトショットの10.9。文句なしの締めくくりで金メダル、ついでにアジア記録を更新するウルトラハイスコアです。満員の会場に大歓声が轟きました。

asiaairgun-main-03表彰式の様子です。大勢の観客や報道陣のカメラに取り囲まれました。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)。正常に書き込めていてもエラーメッセージが表示されることがありますので、再投稿の前にご確認お願いします。

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

リンク

カテゴリー