【海外の反応】バレルクリーニングって必要なの?


felt-1「射撃終了後にはフェルトペレットを撃つ」というのがなんとなく習慣になってる人って多いですが、「銃に悪影響があるからやめろ」っていう人もいたりします。実際のところはどうなんでしょうか。


エアライフル射撃場を閉めた後に床を掃除していると、潰れた鉛弾の他にときどき小さいフェルト製の円筒が落ちているのを見つけることがあります。これは「フェルトペレット」とか「クリーニングペレット」と呼ばれてるもので、練習を終えた後に一発だけ、ないしは何発かを撃って、バレルの清掃を行うものです。

このフェルトペレット、昔から一般的に使われているものですが最近の銃では弊害も大きいと以前から言われていました。大昔のスプリング式(スプリングが伸びる力を使ってピストンを前進させて撃つもの)なら問題がなかったものの、新しい銃ではトラブルの元になるというのです。

ポンプ式(レバー操作で一発撃つ分だけ空気を圧縮するもの)の銃で空気を圧縮する際、シリンダー内の空気は断熱圧縮により高温となり、その時にシリンダー内にフェルト繊維が紛れ込んでいると発火してしまい、エアシールにダメージを与えるというものです。たかが人力でちょっと空気を圧縮したくらいで発火するような温度になるはずないだろう……と思いきや、実は油が染み込んだ木綿ってたった120℃で発火するそうなので(参考:Wikipedia)、ありえることに思えてきます。実際、銃砲店が自分のWebサイトに、「ポンプ式ではフェルトペレットを使うな」という警告とともに、小さな糸状の焼損が付いたエアパッキンの写真をUPしていたことがあったのを覚えています。

プリチャージ式(あらかじめ、数百気圧で空気を充填しておいた小型タンクを銃に取り付けて撃つもの)ではそういう問題は起こりにくいと思われるのですが、こんどは新型銃にはほぼもれなく付いてくるようになった反動軽減装置(アブソーバーとかスタビライザーと呼ばれているもの)に悪影響があるという話もあります。シリンダーとピストン間の微妙な摩擦の違いで射撃時の感触が変わってしまう反動軽減装置では、ほんのわずかな異物も命取りになるというのです。

「フェルトペレットは、ピストン&シリンダー内のグリスがバレル内にブシュブシュ吹き込んでくる大昔の狩猟用スプリング式ならともかく、競技用のエアライフル/ピストルには無用であるどころか弊害のほうが大きい」という意見が、とりあえず一番信頼が置けそうなものに思えます。

でも、だったらどうやってバレルクリーニングすれば良いのでしょう?

このように悩ましい空気銃のバレルクリーニング問題について、海外の射撃専門掲示板「TargetTalk」でも少し話題になっていたので抜粋して紹介してみたいと思います。

felt pellets (air pistol)
引用元:Target Talk


  • バレルクリーニングのためにフェルトペレットを撃つと、フェルトの繊維の一部がバレルからアブソーバーに逆流してしまうという話を聞きました(主にパルディーニから)。そのためしばらくするとアブソーバーが汚れてしまい機能が損なわれてしまうとのこと。もちろん、パルディーニK12のマグネティック・アブソーバーと、ステイヤーEVOのメカニカル・アブソーバーとでは事情も異なると思いますし、全てのアブソーバーがこの問題による影響を受けるのかどうかは分かりませんが……。(イタリア・ローマ)

 

  • 簡単な話です。そんなもん使わなければいいんです。(アメリカ・アリゾナ州スコッツデール)

 

  • >使わなければいい
    全くそのとおりです。エアピストルのバレルにクリーニングの必要があったとしても、500fpsでバレルを通り抜けるものが何らかのクリーニング効果を発揮するなんてことを期待しちゃいけません。(新しい偉大なる大英帝国)

 

  • >使わなければいい
    >全くそのとおり
    人は、「汚れを取り除けば、きっともっと当たるようになる」と思いたがるものなのです。「良いこと」をしようとしているのではありません、「何か」をしなければと思ってるんです、なんでもいいから!(ニュージーランド)

 

  • >使わなければいい
    そうだったんですか……私はもう二度とそれらを使用しません。(オーストラリア)

 

  • VFGフェルトクリーナーはどうなんでしょうか? ロッドの先にねじ込んで使うものです。自分のベネリMP90S(.22口径)で使って良い結果を出しています。.177用のものもあります。
    使用時に射撃をすることはないので、繊維が吹き戻ってくる可能性もゼロです。エアピストルで使う場合も、より安全なんじゃないですか?(マサチューセッツ州)

 

felt-2VFGフェルトクリーナー、22口径用。スモールボアライフル用として使っています。コレをフェルトペレット替わりに撃っちゃう人ってのもいるとか。


felt-3クリーニングロッドの先端にねじ込んで使います。1個じゃ足りない時は2個。ボルト側から差し込んで銃口から飛び出したところでフェルトは外し、ロッドだけを引き抜いてまた新しいクリーナーを付けて……という使い方をします(往復させるのはNGとのこと)。まずソルベントを付けて一度通し、それから綺麗なものに交換して汚れが付かなくなるまで2~3回。


  • >VFGフェルトクリーナーはどうですか
    私もそれをバレルクリーニングに使っています。.22だけでなく.32S&W用にも同じブランドを使用しています。十分に良い働きをしてくれますし、フェルトペレットを撃ったときのような副作用もありません。(オーストラリア)

今回は、あまり意見が対立することもなくほぼ一瞬で結論めいたものが出ました。「使うな」ってのがそれです。

「バレルクリーニングという行為そのものが、する必要のないものである」と遠回しに書いてる人もいますね。当たらないのは、道具になにか問題があるせいなんだ、だから何かをすればきっと当たるようになるはずなんだという思い込みでバレルクリーニングをしているんだというものです。益が無くても害もないのなら、それはそれで「精神安定のためのおまじない」としてアリかもしれませんが、害があるのなら話は別になってきます。

ロッドの先にねじ込んで使うVFGフェルトクリーナーをエアピストルに使ったらどうか、という意見もありました。「装薬銃で使っていますが、フェルトペレットを撃つ時のような弊害はありません」とか書いてましたが、そもそも装薬銃じゃフェルトペレットは撃てないだろってツッコミをしちゃいけないんでしょうか(笑)。エアライフルの世界だったら、もしかしたらそういうやり方してる人もいるかもしれませんね。銃に求められる精度がエアピストルより数段上ですから。

ちなみに私の場合、「フェルトペレットは良くない」ってのは最初にハンドライフル所持した時点で言われてましたので、クリーニングに関してはワイヤー式のクリーニングキットを使っています。周囲がナイロンで覆われたワイヤーの片方の先端が輪になっているものです。

felt-4パッケージを捨ててしまったのでメーカーや製品名が分かりません……。確か「ボアスネーク」とかそんな感じの名前だったと思います。


felt-5ワイヤーの輪になっていない側を装填口から差し込んで……


felt-6銃口から引き出します。


felt-7もう片方の端にある輪に木綿の太い糸をくくりつけます。本数や折り返す回数などは何度か試してみて、良い感じになるように調整します。


felt-8銃口側から力を入れて引っ張ります。スルスルと軽く引っ張れるようなら本数を増やし、キツくて引っ張れないようなら本数を減らします。


felt-9糸が銃身内こびりついた鉛などの汚れを拭き取ってくれます。糸を交換して何度か通し、汚れがつかないようになればOK。終わったら念のため、エアダスターで繊維を吹き飛ばしておきます。


射撃動作を行わないのでアブソーバー等に繊維が吸い込まれる心配もありませんし(モリーニにはアブソーバーは付いていませんが)、ワイヤーですからクリーニング時にはライフリングに沿って自然に回転してくれるのでライフリングを変形させる心配もありません。

といっても、それほど頻繁にやってるわけでもなく、せいぜい年に1回か2回くらいでしょうか。クリーニング前後でグルーピングが良くなったり悪くなったりという実感もありません。ほとんどおまじないみたいなもんです。




にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ

5 Responses to 【海外の反応】バレルクリーニングって必要なの?

  1. 通りすがり

    池上さんが使われているのは、ahgのクリーニングキットではないでしょうか?

  2. 墨田区の毛塚

    あらまぁ!がちょ~ん!小生35年も前からペレットを撃つのは当たり前だと思っていました。今日からは撃つのを止めます。今まで葛飾区スポーツセンター射撃場のゴミを増やしてご免なさい。色々お世話になり有難ういます。

  3. 池上ヒロシ

    >AHGのクリーニングキット
    ぐぐって写真を見ました。そうですね、これに間違いありません! エニスさんが推奨してる文章も見つけましたが、もしかしたら私もエニスさんに薦められて購入したのかも。

    >毛塚さん
    いつも射場のご利用ありがとうございます
    昔の常識が今はそうではないってのは射撃に限らずいろいろありますよね……。料金払って利用いただいてるわけですから、撃つ分にはぜんぜん遠慮なくどんどん撃って撒き散らしちゃってOKですよ。

    念のため、コレを読んだ別の人が思い余ってやると怖いので書いておきますが、フェルトペレットをゴミにしないようにと手で受け止めようとかするのは危ないので止めましょう。かなりシャレにならない威力があります!

  4. ぴよよ@なかむら

    昔バネピストルだったころ、フェルトペレット掃除は必須、でした。当時のペレットの質は大変宜しくなく、装填する手が真っ黒になるような有様で、その粉粉がバレルのライフリングに詰まって来ると、あっちだこっちだ飛び散ってグルーピングがどうとかなんて言えなくなりました。私が最初に使ったのはダイアナのブレイクバレルのもの、その後フェインベルクバウM65へと。短いバレルだからでしょうか、二百発も練習するとオンバラバララ。

    ライフルではそうまで極端ではなかったのですが、中折れのウェイロッヒやダイアナだと、ライフリングが強いのか、多分ライフルの目詰まりによる着弾の荒れはやはり見られましてね。

    そこで、フェルト弾を紙袋の中に向けて10回位撃ちました。真っ黒から段々白くなっていきます。フェルト弾は高いので、紙袋で回収し、マッチ箱に汚れ具合の段階ごとに分けて保管、汚れの濃いものを先に撃ち、綺麗なものへと移行していき、最後に新品を撃ちます。

    この方法はしかし、その後炭酸ガスの銃までは効果がありました。
    でも、ワルサーLP1などポンプの銃や、プリチャージ銃には全く効果がありません。スプリングや炭酸ガスがパワーソースのものは、バレルの中で加速させる、装薬銃のような弾丸の移動速度の遷移がありますが、ポンプやプリチャージでは、加速というよりむしろマズルに向けて減速すると言われています。恐らくながら、フェルト弾は、重量がないため減速の機会なく放出されてしまうことで、ライフリングを掃除するいとまそのものがないと感じています。

    高いフェルト弾をそういう銃で使うのは、少々勿体ないですし、今のペレットは何やら粉っぽいなどというものは全くないので、むしろ不要かと思います。

    昨年初めに聴いたカンプリアーニさんの講義でも、今の競技銃にフェルト弾は不要というより効果がないので、パッチを500発ごとに一回通すように、と承りました。
    まさに、VFGクリーニングワイヤー、そのもので。
    オリンピック二種目制覇する強豪直々に、10.8に連続投入する技、教わりましたのが、それです。
    他にペレットのヘッドに疵があるものは省く、重量が同じものを集める、SB弾はリムの厚みがヘッドスペースに合うものを使う、等々、承っております。
    私はレンジに撒き散らかされている未使用の放置弾を集めて使う、私が買っている弾よりその方がよく中る、と申しましたら、散らかして放置されているものの方が高級品なんだろうから、よく洗剤で洗って、タオルの上に並べて数日干してから使うと宜しいでしょうとも仰いました。
    拾った弾を撃ってはいけないとは申されませんでした。

  5. 通りすがり

    先日、写真にあるのと同じクリーニングキッドを購入しました。アンシュッツやステイヤーのメーカー推奨品のようですね。
    店員の話だと、最近のペレット(私はR10を使用しています)はワックスがついており、その効果であまりバレルに鉛が付着することは少なく、むしろクリーニング直後はバレル内のワックスが剥がれてしまうため弾着が安定しない場合があるので、試合直前にはクリーニングすべきではないとの助言をいただきました。頻度はドイツの射撃学校では毎日行うべきと教えているとの事でしたが、店員曰く、1缶500発おき位で十分ではないか?とのことでした。

 

サイト内検索


ここ1週間の人気記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

リンク

カテゴリー