トイガン射撃 製品レビュー

新しいレンズプロテクターについて

投稿日:

おかげさまで「あきゅらぼ通販」の人気商品となっているレンズプロテクターですが、先月あたりから製作方法を「刃物での切削」から「レーザー加工機での切り出し」に変更し始めています。まだいくつか切削加工時代の在庫がある製品もあるので完全には切り替わっていませんが、売れ筋製品についてはお送りするのはレーザー加工で作った製品になっています。

レーザーは「焼き切る」という性質上、断面が焦げたような形になります。アクリルなんかだと綺麗に透明な断面になるのですが、ポリカは頑丈な分だけ切るのに出力が必要で、結果として「焦げる」ということになるようです。といっても焦げるのは断面だけで、表面はきれいな状態です。

LENSPROTECTOR-01保護シートの上まで「焦げ」が広がっているのでちょっとギョッとしますが、保護シートを剥がせば無色透明になります。断面は焦げたままですが、実用上問題はありません。


laser-protectorノーベルアームズ製のCOMBAT T1に、レンズプロテクターを入れた状態と入れていない状態でドットの見え方を比較した写真です。周辺の焦げはドットの見え方はもちろん、レンズを通して見える色合いにも影響はほとんど無いのがわかると思います。


レーザー加工になったことによる最も大きな利点は、なんといっても「自由な形を切り出せる」という点です。これまでは円形にしか切れませんでしたが、四角だろうが台形だろうが星型だろうがどんな形にも自由自在です。

ということで、これまでは作れなかったドットサイト用のプロテクターも、少しずつラインナップに加えていく予定です。

combat80-inner1これは試作で作ってみたノーベルアームズCOMBAT80用のプロテクター、インナータイプです。COMBAT80はレンズの位置と、レンズの枠(ガード)の前端位置に余裕があるので、こういう風にレンズ枠の中にプロテクターを押し込む使い方が可能です。


combat80-inner2真横から見るとこんな感じです。プロテクターは枠内に完全に収まっているわけではないので、固定にはどうしても接着剤などの併用が必要になってきます。


この他にも、ドットサイト前面に貼り付ける形のものも製作中です。近日「あきゅらぼ通販」のラインナップに加わりますのでお楽しみに!

-トイガン射撃, 製品レビュー

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.