トイガン射撃

2017.9.23・秋分の日、ひたすらブルズアイ in 新宿MMS

投稿日:

201709mmsすっかり恒例になりました新宿MMSでの「ひたすらブルズアイ」。今月はちょうど休日と重なったこともあり、二桁参加の盛況となりました。あと5~6人くらいは同じレンジで行けそうです。参加を考えてる方はどうぞご遠慮無く!
※協賛:マルゼンノーベルアームズ
協力:新宿MMS

今回で第4回、あれ5回でしたか? とにかくそのくらいの開催回数を数えてる「ひたすらブルズアイ in 新宿MMS」。参加者の皆さんがどんどんお手伝いしていただけるおかげで、なんか信じられないくらい円滑に競技進行できています。今回は参加人数が私入れて10人、なかなかの盛況でしたがスケジュール的には余裕があるくらいでした。皆さんのおかげです、ほんとうにありがとうございます。

201709mms-result「腕が痛い、当たらない、調子が悪い」と愚痴りながらも相当に高い得点をキープしているエンドウさんがさすがです。絶好調だったらどんなことになるのか恐ろしいくらいです。
デジタルピストル体験等でピストル射撃についてはそれなりに経験がある方がお二人、今回は初参加です。ありがとうございます。APS-3はエアガンとしては極めて精度が高く、またグリップやトリガーなども本格的な「競技専用銃」ですが、「射撃用の装置」ってことで比較してしまうとさすがに値段の差があるだけあってあちらのほうがいろいろと「凄い」です。けれど、実際にトリガーを引くことで「弾が発射されてターゲットに当たる」という要素は、いくら実銃部品を使ってるとはいえデジタルピストルにはない、APS-3ならではの面白さですよね。

何が違うんだって言われると困るんですが、現実に「弾を発射する」って要素があるのとないのとでは、1発ずつの重さというか手応えというか現実感というか、そういった言葉にしづらい「何か」が違う気がする……というような感想をおっしゃっておられましたが、私も同感です。やっぱ弾を撃つからこその射撃競技だって想いはあります。

そのお二人以外は、何度か参加していただいている方です。今年のAPSカップ本大会で「初参加で表彰台」という快挙を成し遂げて会場をどよめかせたエンドウさんはさすがの高得点、トビサワさん、ムロさんもメキメキと腕を上げています。ムロさんは2シリーズ目が終わった時点でちょうど9点平均、第3シリーズの結果次第では540超えを達成できるかといったところでしたが、私がそんなこと言っちゃったせいでプレッシャーがかかってしまって惜しい結果に……。次こそはがんばってください!

次回の「ひたすらブルズアイ in 新宿MMS」は、通常通り第4土曜日の10月28日、夕方5:00から開始です。草加の「撃鉄」さんでの日曜開催ひたすらブルズアイも続けていきたいと思ってますので(こちらは私個人のスケジュールが決まるまで予約できなくて先延ばしになってるだけです)、そちら共々よろしくお願いします。

-トイガン射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.