次回のピンポイントシューティング・予定

※この記事は常にトップに表示されます。最新記事はこの下にあります。

hitasura-b-mms「あきゅらぼ」主催のエアガン射撃大会の予定をお知らせします。

10月28日の土曜日、新宿MMSにて「ひたすらブルズアイ」を開催します。開始時刻は夜の5:00です。


続きを読む

必殺技とかないライフル射撃のマンガ

2017.10.3 火曜日

昨年、ライフル射撃のマンガをいくつかまとめて紹介する記事をUPしました。1980年代の少年漫画から現在連載中の萌え4コマまでいろんなマンガを取り上げましたが、その中でも異色だったのが「定時退社でライフルシュート」という題名の作品でした。
 

teiji-01「定時退社でライフルシュート」田素弘(でんもとひろ)。週刊モーニング2015年51号に掲載。講談社が新設した新人賞「THE GATE」の第1回の入賞作として掲載されたものです(画像は週刊モーニング2015年51号より引用。リンクはAmazonのKindle版販売ページ)



 
必殺技とかないし、特に萌えっぽい描写も全然ありません。なんつったって主人公は三十路に差し掛かったOL、それも作中通してほとんど笑顔すら見せない無愛想なクールキャラ(?)という、およそ今の売れ線マンガ界じゃとても受け入れられそうにない作品なんです。なのに、「ライフル射撃」というほとんど世に知られていないスポーツに特有の「世界が静止する」感覚と、「昔は輝かしく見えていた未来が、今はもう見えなくなり、ただ生きるだけの日常を送っていたが、その日常がある些細なことで変化する」……という多くの人がどこかしら共感できる要素が上手く絡み合って、何度も読み返したくなる独特の雰囲気がある作品になってます。

続きを読む »

ロシア vs ラトビアのバトル、続報【海外の反応】

2017.10.1 日曜日

SCATT(ロシア)は根拠を示した。TRACE(ラトビア)はどんな反論をしたのか?

scatt-basic15モリーニ製エアピストルに取り付けたSCATT Basic。従来のSCATTよりずっと価格が安い廉価版として今年の始めに発売されたものです。このBasicよりさらに価格が安い「TRACE10」という製品があるのですが……。


先日、「ロシアvsラトビアでバトルが勃発」というタイトルで、射撃スポーツでの練習用アイテムである射撃解析装置のメーカーである「SCATT(ロシア)」と「TRACE System(ラトビア)」との間で、品質についての論争が巻き起こっているという話を紹介しました。

動画をYoutubeに投稿してSCATTとTRACEを比較、TRACEの品質の悪さをアピールするSCATT、それに対して「その動画には、TRACEを貶めるための操作があると思われる」と主張するTRACE。訴訟社会らしく言葉は選んだものになっているものの、かなり泥沼に近い言い争いになっていてどうなることやらと思っていたのですが……。

続きを読む »

射撃用メガネで、正しいレンズの度についての終わりなき議論【海外の反応】

2017.9.29 金曜日

ピストル射撃に使うためのレンズの矯正度には「正解」があるのか、それとも環境や個人によって変わるものなのか?

filter-use1射撃で使うためには、普通に生活するための眼鏡よりも、「近くにピントが合いやすく、遠くがぼやけ気味」になるレンズが適していると言われています。遠くと近くの両方にピントを合わせるために、可変式の絞り(アイリスシャッター)を併用することもあります。


まず、サイトにピントが合っていないと話にならないのが射撃というスポーツです。ターゲットが見えてることよりも、サイトがきちんと見えていることのほうが重要なくらいです。遠くに離れたターゲットに比べれば、ほとんど「手元近く」にあるといってもいいくらいの近距離にあるサイトですが、それが長い競技時間中ずっとクッキリハッキリ見えるようにするというのは、あるていど年齢を重ねた人にとってはけっこうハードルが高いものがあります。――若い方にはなかなか理解していただけないことなんですが。

続きを読む »

新しいレンズプロテクターについて

2017.9.27 水曜日

おかげさまで「あきゅらぼ通販」の人気商品となっているレンズプロテクターですが、先月あたりから製作方法を「刃物での切削」から「レーザー加工機での切り出し」に変更し始めています。まだいくつか切削加工時代の在庫がある製品もあるので完全には切り替わっていませんが、売れ筋製品についてはお送りするのはレーザー加工で作った製品になっています。

レーザーは「焼き切る」という性質上、断面が焦げたような形になります。アクリルなんかだと綺麗に透明な断面になるのですが、ポリカは頑丈な分だけ切るのに出力が必要で、結果として「焦げる」ということになるようです。といっても焦げるのは断面だけで、表面はきれいな状態です。

LENSPROTECTOR-01保護シートの上まで「焦げ」が広がっているのでちょっとギョッとしますが、保護シートを剥がせば無色透明になります。断面は焦げたままですが、実用上問題はありません。


laser-protectorノーベルアームズ製のCOMBAT T1に、レンズプロテクターを入れた状態と入れていない状態でドットの見え方を比較した写真です。周辺の焦げはドットの見え方はもちろん、レンズを通して見える色合いにも影響はほとんど無いのがわかると思います。


レーザー加工になったことによる最も大きな利点は、なんといっても「自由な形を切り出せる」という点です。これまでは円形にしか切れませんでしたが、四角だろうが台形だろうが星型だろうがどんな形にも自由自在です。

ということで、これまでは作れなかったドットサイト用のプロテクターも、少しずつラインナップに加えていく予定です。

combat80-inner1これは試作で作ってみたノーベルアームズCOMBAT80用のプロテクター、インナータイプです。COMBAT80はレンズの位置と、レンズの枠(ガード)の前端位置に余裕があるので、こういう風にレンズ枠の中にプロテクターを押し込む使い方が可能です。


combat80-inner2真横から見るとこんな感じです。プロテクターは枠内に完全に収まっているわけではないので、固定にはどうしても接着剤などの併用が必要になってきます。


この他にも、ドットサイト前面に貼り付ける形のものも製作中です。近日「あきゅらぼ通販」のラインナップに加わりますのでお楽しみに!

サポート(補助)付きの射撃がブームになりそう?【海外の反応】

2017.9.26 火曜日

「射撃は、年齢・性別・体格・障害の有無にかかわらず、誰でも楽しめるスポーツです」

定型文かってくらいにあちこちに何度も書いてきたこのフレーズですが、実際にこの言葉にはほぼ嘘はありません。年をとって足腰が弱くなってきた、あるいはハンディキャップがあるなどの理由で立射姿勢をとるのが難しい人でも、椅子に座ったり銃を台の上に置いたりという「サポート」の使用を許可することで他の人達と同じように射撃スポーツをすることができます。

障害者射撃は日本でもけっこう盛んで競技者も多く、実は世界大会でもそれなりに良い成績を残している「強豪国」の一角を占めていたりします。ですが高齢者のための射撃については、いちおうマスターズ射撃連盟という組織があり頻繁に大会を開催はしていますが、「参加条件に年齢での区分けがあるだけの、普通の大会」というのがほぼ実情みたいなもので、高齢の競技者を想定した独自のルールというのはあまり整っていません……せいぜい50m射撃でスコープが使えるくらい。

ここ最近、ドイツやイギリスを中心にして、高齢のスポーツ射撃競技者のための国際的なルールを策定し、普及させようという動きが盛んになってきているそうです。銃の重さを支えるサポート(補助)レストを使うことで、体力が落ちてきて1時間以上に及ぶ競技時間中ずっと銃を支え続けるのは難しくなった高齢者でも、若い人と同じ土俵で競技を楽しめるようにするためのルールということのようです。

ISSF(世界の射撃競技の総元締めになる組織)のサイトにも、「サポーテッド・レスト・シューティングのルール」が掲載されています。

RULES FOR ISSF SUPPORTED REST SHOOTING (PDF)

supported-shooting-issf-01上記PDFから引用。横に渡した円柱の上にライフルのフォアエンドを載せています。「レスト」といってもベンチレスト射撃のように銃をしっかりと支えてターゲットに向けた状態で固定できるようなものじゃなく、こういう風に基本的に不安定にしか支えられない(あくまで銃の重さだけをサポートする)ものだということがわかります。


supported-shooting-issf-02同じくPDFから。円柱を半分に切ったようなレストがライフルと同様に横になっていて、そこにグリップの底部を乗っけて撃っています。左右方向の揺れはレストに頼ることで減らせるでしょうが、上下方向は自分で合わせないとなりません。


海外のあちこちから、射撃に関する情報が集まるBBS「Target Talk」にて、アメリカ在住の射手が、ヨーロッパで盛んになりつつあるというサポーテッド・シューティングについての情報を求めるスレッドを立てました。「本場」であるドイツやイギリス、さらにはその他の国からもいろいろと情報が集まる有意義なスレッドに育っていましたので、抜粋して簡単に紹介してみたいと思います。 続きを読む »

 

サイト内検索


プロフィール

 
池上ヒロシ
各種雑誌にてライターをやっています。
銃器の構造、歴史、射撃技術などが得意分野です。メインフィールドはピストルを使った精密射撃です。
 
ご意見・ご感想はこちら
 
仕事のご依頼は上のメールフォームからお願いします。 

 

ここ1週間の人気記事

   

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

カテゴリー